三千世界の孤独

お人形大好き!ヒキコモネガティブ主婦のウキウキ☆ドールライフ日記(仮)。

2017年06月の記事

☆第35回Doll’s Myth.販売予定のお洋服です☆その2

DSC_0588 (1)
お暑うございますね。 
毎夏恒例、愛猫ジャックのベチャ寝でございます。
この姿を目にするたび、春から夏への季節の移ろいを感じます。

さて、
先日こちらにてご紹介にあがりましたドレスセットの白版が完成しました。
どうぞ御高覧ください☆

DSC00044のコピー 

DSC00047のコピー

DSC00060.jpg 

セット内容及びサイズは黒版と同じですが、
素材は異なります。
ケープレット(肩掛け)の裏地は黒色になります。

DSC00056.jpg 

別商品になりますが、
肩掛けの小瓶アクセサリーです☆
大小さまざまな大きさのパールを
たっぷりレジンに閉じ込めて、
泡立つ波を表してみました♪

DSC00052のコピー 

DSC00039.jpg 

1/6ドールサイズです。
背中側に金具がきます。
アジャスターが付いておりますので、
サイズ調整が可能です。

以上です☆

残すところあと一週間ほどとなりました。
今回奇跡的に順調に準備が整いつつあります。
とはいえ、気は抜けませんが。
(なにかしでかしそうで怖い)

追加で七夕に向けた夜空や星をテーマにした
ドレスにも手をかけたいなぁと、
欲張ったやる気が湧きあがりつつあります。

もし運よく完成に至れば、
こちらでご紹介させていただきますね。

それではみなさんごきげんよう。




☆第35回Doll’s Myth.販売予定のお洋服です☆


大阪は梅田スカイビルアウラホールにて開催される、
『第35回Doll’s Myth.』がいよいよ来月と迫ってまいりました。


今回は珍しく首尾は上々です。
開催期日まで2週間と少しを残しつつも、
驚くことに新作が上がりました。

(毎回寸前まで作業しているというのに。
いつもこうだといいなぁ)

今回のテーマは『海のいきもの』です。

実際に生息する海洋生物を参考にしつつ、
幻想的なイメージで仕上げました。

第1弾は『深海』です。

DSC00016のコピー 

暗黒の深い海底に漂う、
発光海月の要素を取り入れてみました。
スカートと髪飾りに使用した、
煌めく糸が織り込まれている襞が連なる生地は、
昔からお気に入りで重宝し、買い足したりしていたのですが、
残念ながら絶版になってしまったようです。
ひょっとしてどこかにまだ置いてあるかもしれません。
イベントが終わったらどこかに探しに出ようと思います。

そんなわけで、スカートの形状は海月風にバルーンに。

DSC00036のコピー 

バルーンの袋部分には、
気泡としてフェイクパールを輪にしたものが
通してあります。

DSC00030のコピー 

プーリップの着用画像です。
冒頭に掲げたブライス着用画像とは
髪飾りとスカートのパールの色が違うものです。

こちらは白メインに合わせてあります。

DSC00031のコピー 

髪飾りはスカートと共布で作りました。
ブロンズ色の海星と貝がチュールの下に隠れています。

DSC00025のコピー 

セットに含まれる小物類です。
こちらに本体のドレスが加わり、
5点セットとなります。

サイズはブライス、プーリップ3rdボディ以降の
2サイズ展開となります。

これから第2段に取り掛かろうと思います。
うまくいって、こちらでご紹介できるのを祈ります。

第1弾の完成ですっかり気が抜けてしまいましたが、
気合いを入れ直します。

それではごきげんよう♪

DSC00035印刷用 





帝都詣で。

先日東京の地を踏んでまいりました。

行き先は吉祥寺。

数年前に大切な方と廻った思い出の場所を
再訪してみようと思い、旅立ったのですが…。

お茶をし、おしゃべりに興じた、
彼女お気に入りの洋菓子店は、
カフェスペースがなくなっていました。
さらに、お買い物をした手芸店はメインの生地店舗が閉鎖。
が、幸いにも隣接のビーズショップは残っていました。
双方無くなりこそはしないものの、
面影は当時のままではありませんでした。

有為転変は世の習い。
致し方ないことです。

ただひとつ、別のビーズショップだけが
店構え、品揃えともにあの時のままで
まるでそこだけ時を止めたかのようでした。

お店の前に立った瞬間、 彼女と訪れた際のやりとりが胸の内で蘇りました。

うれしくて、ビーズをたくさん買っちゃいました。

DSC_0466.jpg 

その日泊まったホテルにて。

中身の画像と、
使用した作品は後日ここで。

いつも私の創作を応援し、励ましてくれていた友人。
どれだけ救われたことか。

いま私が作っているものは、彼女の、もとい求めてくださる方の
期待に応えられているのかな。

思い出の洋菓子店では飲食できなかったので、
雑誌『装苑』に掲載されていた「キチム」という
カフェで休憩を取りました。

DSC_0452.jpg 

場所は同じく吉祥寺。
とはいえ、繁華街から少し離れていて、
静かで落ち着いていて、ゆっくりくつろげる雰囲気です。

DSC_0454.jpg 

「装苑」でも取り上げられていた
ベイクドチーズケーキと特製アイスコーヒー。

どちらも美味でございました。
また来たいな。
次に詣でるときもここで休ませてもらおう。