三千世界の孤独

お人形大好き!ヒキコモネガティブ主婦のウキウキ☆ドールライフ日記(仮)。

タグ "食玩" の付いた記事

『つくってみよう!セボンスター』を作ってみた☆(後編)

こちらの記事は前回の『つくってみよう!セボンスター』を作ってみた☆(前編)の続きです。

チョコレートが冷え固まるまでの約1時間。
待ちきれず家を飛び出しました。

花散らしの強い雨の中、
足元を濡らしつつ一路近場のスーパーへ。

目的はコレ↓
IMG_7544.jpg
セボンスターペンダント』
セボンの知育玩具を作っている最中にセボンを買い求めに走る。
すでに中毒ですね。
雨の中駆けずり回った?おかげで、
狙ったいた「クリィミーマミ」っぽい星形のモチーフが出ました!
やほ~~いヾ(゚∀゚○)ノ
以前にビレバンで購入した、マミのムック本に付いていた鞄を背景に撮影。
アラフォーでも臆せず使用します。この鞄を。私は!

どうでもいい主張を熱く滾らせたところで、
そろそろ待ちわびた60分。
いそいそと工程⑤に移るとします。

工程⑤
IMG_7545.jpg
冷蔵庫から取り出し、型から外します。
星形はラムネチョコのみ。
ハート型はいちごチョコのみの配合。
他は混合ですが、いまひとつ混ぜ方た足りなかったように思います。
ただ混ぜている間に固まりかけたりするので、
撹拌に時間をかけ、完全に一色にしたい場合は湯煎もありでしょうか。
しかしこの場合、型が湯煎の熱に耐えられるかどうか……。

それから、レンチンで溶け方が不十分だった2つのモチーフは気泡が入ってしまいました(´・_・`)

溶けやすくするためにも、
型に投入するチョコがもう一回りくらい小ぶりでもいいかもしれません。
型ひとつあたり3つのところ、
一個あたりを小さくして5つにするとか。

気にしていた、はみ出したチョコレートです。
IMG_7546.jpg
これは指先で簡単に折り取れました。

最後に、気泡が入らなかった3つを撮影。
IMG_7564.jpg
水色のラインが入った星形リング。
これはあまり混ぜなくて正解だったかも。

IMG_7563.jpg
ハート型。
薔薇のリングケースに入れて。

IMG_7562.jpg
ビスケット型。
「Happy」の文字が正確に型取れています。

IMG_7566.jpg
加工したチョコを食べてしまった後は、
代わりとなるパーツがきちんとリングの数の分だけ、用意されております。
セボンの面目躍如たる魔法少女的デザイン。
しかも5つのデザインがすべて異なります。
だからカバヤさんが大好き!
これが目当てで購入したようなものです。
これで250円(税別)(カバヤサンのHPより。私はイオンでもう少し安く購入できました)は
かなりお値打ちなのでは。

ただし、食べてリングを空けないと、パーツが設置出来ません。
あぁジレンマ……。

IMG_7567.jpg
今日は食べるのはひとつだけにして、
あとは冷蔵庫で保存することとします。
(作業途中、買い出しに行った際、
セボンスターペンダントに付いていたチョコと、
ブラックサンダーを食べ歩きしてしまったので!)

以上、
『つくってみよう!セボンスター』を作ってみた☆
でした♪

『つくってみよう!セボンスター』を作ってみた☆(前編)


主人は今日も休日出勤です。
可哀そうに……。

かくいう嫁の私は、
精励恪勤する旦那をしり目に
前夜から冷蔵庫に隠し持っていた
『つくってみよう!セボンスターで遊んでおりました。

IMG_7516.jpg

見つかったら叱られるのは必定。
主人が帰宅するまでに、
加工、撮影、摂取、箱や余ったパーツの破棄、
それらすべてを終了させ、
一切の証拠隠滅を図らねばなりません。

ではこれより、一連の工程をこちらでご紹介させていただきます。
(このブログは主人には内緒で運営しております)

工程①
IMG_7522.jpg
外枠から各パーツを外します。
リボンのピックがかわいい♪

工程②
IMG_7525.jpg
チョコレートを1つの型につき3粒づつ入れます。
チョコはピンクのいちご、水色のラムネの2種類。
3粒ともいちごにしたり、ひとつをラムネ、あとをいちご…など、
すべての型で配合を変えてみました。

工程③-1
IMG_7536.jpg
電子レンジでチョコを溶かします。
パッケージの説明文では
600Wの場合で10秒を10回が妥当とありますが、
手前の型2つ分が溶けてくれません。

工程③-2
IMG_7540.jpg
10秒をさらに4、5回追加加熱。
若干固さが残るものの、
表記以上に加熱して型が溶けてはいけないので、
このあたりで妥協しました。

工程④
IMG_7541.jpg
工程①で切り離したリングパーツをここで設置します。
ここから約60分ほど冷蔵庫で冷やします。
はみ出したチョコが気になりますが、固まった後に処理することとします。

60分かぁ……すなわち1時間。
もどかしい!!
小さなお友達は1時間待ちきれるのかしら?
はやく完成品を拝みたい。

けど、我慢。

以下後編に続きます。







『今度こそ「脱汚部屋」計画』その1。

一生このままなのか!?
 
私は死ぬまで汚部屋住まいなの!?

fc2blog_2014112816091502d.jpg
↑現在の自室の模様。
ドア入口付近からの撮影。

今度こそ心を入れ替えて、
汚部屋を卒業しなければ、
自室から汚染が拡大していずれ、
自宅そのものがゴミ屋敷化するのは避けられないやも?

そんな決して妄想だとは言い切れない恐怖に
ちかごろ捕らわれております。

そう、夜も安眠できぬほどに。

ただし、己の精神構造を知悉しているわけがないのですが、
これまでの整理整頓のパターンを集約解析してみるに、
以下の3点の指向性があげられます。

☆短期間で済ませようとする。
 ・必然と適当、雑になってしまう。
 ・想定以上に時間を要し、激しく疲弊。うんざりして途中で放り出す。
 
☆イメージ不足。
 ・確たる「こうなりたい部屋」のイメージが固まっていないままに着手してしまう。
 ・そのくせ、物の配置、色合い等に納得がいかず、途中で放り出す。

☆物が多すぎる。
 ・アニメ特撮人形雑貨などなどなどが統一感もないままに過分に収集され、
 すべてを陳列しようとするも、置き切れるはずもなく、
 あふれた物品の処遇に困り果て、途中で放り出す。

以上を踏まえ、
今後の汚部屋掃除の傾向と対策を練ってみました。

☆あせらない。
 棚なら一棚分、カラーボックスなら1区画分、と
 細かくブロック分けし、ひとつづつ満足のいくまで丁寧に片づける。

☆イメージの徹底構築。
 インテリアや、好きなショップのカタログなどの書籍や、
 インターネットのサイトをあたり、
 じっくりと丹念に構想を練る。
 それから取り掛かる。

☆不要不急の物品は速やかに廃棄する。
 長らく存在を失念していたり、
 今後出番のないであろうと思われる物は
 たとえどんなに値が張ろうが、価値があろうかと推測出来ようが、
 容赦なくほかす!!!


この3点を留意し、
昨日は鏡台周りを片してみました。

冒頭に挙げた画像の右奥あたりです。

image_20141127224542.jpg

アナスイのカタログを
ゴミ屋敷恐怖で眠れぬ夜に徹底的に凝視。
手持ちの、今はなき大阪のフェスティバルゲートで買い求めた、
アナスイの香水瓶も並べてみました。
購入してから、かれこれ10数年も経ちましょうか。
香水って、なかなか使いきれないものなのですね。

さて、タイトルを付けるなら今回のテーマは『魔女の鏡』。
見切れてしまいましたが、
2段になった棚の上段には
ルーン占いのストーンやパワーストーン類を飾っております。
ルーン占い、さっぱりわかりませんけども。
ポーズだけ…。

昨夜はここまでに留めて、
明けて今日。
右側の壁の窓の下にある、
ドール専用のスチールラックに取り掛かりました。
ここは数日前から少しずつ進めていたので、
4段のうち、中2段をまとめてこなしました。

DSC05001.jpg

別名『ドールマンション』3階です。
アパートと銘打とうとしたのですが、
見栄を張りました。
マイリトルポニー」のラリティーに合わせた、
馬に次ぐ馬、馬々尽くしの空間です。

おとぎの住人っぽくパステルで統一。

DSC05002.jpg

お次は3階。
「モンスター・ハイ」のスペクトラのお迎え祝いにあつらえた一室。
地上3階よりは地下数百階とかの方が、
異形向けですよね。もはや地底。
生憎と拙宅には地下室はございませんので、ここはひとつ我慢してもらうことに。

DSC05003.jpg

メイク道具、ケーキ類など、
一時期狂ったように買いあさった、
リーメントメガハウスミニチュア食玩が大活躍です。
これらは一部未開封のものがあったり、数が膨大なゆえに所持品目を把握できていなかったりしていたのですが、
此度の作業においてざっと見渡したところ、使えそうなアイテムが多数出現。
長年捨てずに取っておいて良かったです。あれ?


これだけは捨てられません。(これも?)

こんな調子で順次進行してゆこうと思います。

出来たら年内までにはすべてのモザイクを取り払えるようにしたいです。

早々に挫折の予感がぷんぷんします。

かわいいかわいいパンダのお菓子屋さん。

眠れぬ夜は読書に耽るか、
さもなくば…

IMG_5122.jpg

ハンドメイド、手仕事、お裁縫、手芸に限るぜ。

いくら寝返りをうてども、夢の世界に落ち得ないのならば、
寝床にいるより、
手先を動かしているほうが時の流れも早まるじゃろうて。

最寄りのイオンの手芸店で買い求めた
羊毛フェルトぬいぐるみのキット。
パンダとカエルの二個両方ともが作れるらしい。
立体物は円形か楕円のものしか手を付けたことなかったけど、
これは初心者にはちと、ハードルが高かったか…?
でも、数あるキットの中で、これが一番作りたかったんだ。

深夜零時から作業開始。
これまで一度も視聴したことのない「Free」などの深夜アニメをBGMにチクチクと、
見本写真を傍らにニードルを差し付ける。

ひたすらチクチク、時折、針が指を直撃。
これ本気で痛い。不意に激痛が起こるから。
刺すと思ってないし、身構えてないし。
指先で玉を結ぶ血をちりかみで拭い消毒、そして挫けずにチクチク。

新聞配達のバイクの走行音が行き交う音が聞こえ出し、
続いて払暁がカーテンの向こうをしらじらと染め上げる頃…。

IMG_5124.jpg

ここまで成形できたー。

どうせなら粘って完成にこぎつけたいけれど、
ここにいたってようやく請い焦がれた睡魔に恵まれた。

しばし仮眠。

覚醒。
続きに取り掛かる。

IMG_5126.jpg

完成ーー!
うひょ~、見本とこれほどまでに相違があらわれてしまうとは。
写真通りに作れない、いや、作らないのは購入時点で想定してはいたのだけど…。
いやに足長なのは、独自性を打ち出したかったのか、
己の願望が投影されてしまったのか。

どうせなら、手足に針金を仕込んで、
稼働できるようにすればよかったなー!

IMG_5127.jpg

キットと一緒に黒の羊毛も買ったから、
お次は黒ネコちゃんに挑戦してみようかしらん。


では、ばいちゃ!!