三千世界の孤独

お人形大好き!ヒキコモネガティブ主婦のウキウキ☆ドールライフ日記(仮)。

タグ "チョコ" の付いた記事

『つくってみよう!セボンスター』を作ってみた☆(後編)

こちらの記事は前回の『つくってみよう!セボンスター』を作ってみた☆(前編)の続きです。

チョコレートが冷え固まるまでの約1時間。
待ちきれず家を飛び出しました。

花散らしの強い雨の中、
足元を濡らしつつ一路近場のスーパーへ。

目的はコレ↓
IMG_7544.jpg
セボンスターペンダント』
セボンの知育玩具を作っている最中にセボンを買い求めに走る。
すでに中毒ですね。
雨の中駆けずり回った?おかげで、
狙ったいた「クリィミーマミ」っぽい星形のモチーフが出ました!
やほ~~いヾ(゚∀゚○)ノ
以前にビレバンで購入した、マミのムック本に付いていた鞄を背景に撮影。
アラフォーでも臆せず使用します。この鞄を。私は!

どうでもいい主張を熱く滾らせたところで、
そろそろ待ちわびた60分。
いそいそと工程⑤に移るとします。

工程⑤
IMG_7545.jpg
冷蔵庫から取り出し、型から外します。
星形はラムネチョコのみ。
ハート型はいちごチョコのみの配合。
他は混合ですが、いまひとつ混ぜ方た足りなかったように思います。
ただ混ぜている間に固まりかけたりするので、
撹拌に時間をかけ、完全に一色にしたい場合は湯煎もありでしょうか。
しかしこの場合、型が湯煎の熱に耐えられるかどうか……。

それから、レンチンで溶け方が不十分だった2つのモチーフは気泡が入ってしまいました(´・_・`)

溶けやすくするためにも、
型に投入するチョコがもう一回りくらい小ぶりでもいいかもしれません。
型ひとつあたり3つのところ、
一個あたりを小さくして5つにするとか。

気にしていた、はみ出したチョコレートです。
IMG_7546.jpg
これは指先で簡単に折り取れました。

最後に、気泡が入らなかった3つを撮影。
IMG_7564.jpg
水色のラインが入った星形リング。
これはあまり混ぜなくて正解だったかも。

IMG_7563.jpg
ハート型。
薔薇のリングケースに入れて。

IMG_7562.jpg
ビスケット型。
「Happy」の文字が正確に型取れています。

IMG_7566.jpg
加工したチョコを食べてしまった後は、
代わりとなるパーツがきちんとリングの数の分だけ、用意されております。
セボンの面目躍如たる魔法少女的デザイン。
しかも5つのデザインがすべて異なります。
だからカバヤさんが大好き!
これが目当てで購入したようなものです。
これで250円(税別)(カバヤサンのHPより。私はイオンでもう少し安く購入できました)は
かなりお値打ちなのでは。

ただし、食べてリングを空けないと、パーツが設置出来ません。
あぁジレンマ……。

IMG_7567.jpg
今日は食べるのはひとつだけにして、
あとは冷蔵庫で保存することとします。
(作業途中、買い出しに行った際、
セボンスターペンダントに付いていたチョコと、
ブラックサンダーを食べ歩きしてしまったので!)

以上、
『つくってみよう!セボンスター』を作ってみた☆
でした♪

『つくってみよう!セボンスター』を作ってみた☆(前編)


主人は今日も休日出勤です。
可哀そうに……。

かくいう嫁の私は、
精励恪勤する旦那をしり目に
前夜から冷蔵庫に隠し持っていた
『つくってみよう!セボンスターで遊んでおりました。

IMG_7516.jpg

見つかったら叱られるのは必定。
主人が帰宅するまでに、
加工、撮影、摂取、箱や余ったパーツの破棄、
それらすべてを終了させ、
一切の証拠隠滅を図らねばなりません。

ではこれより、一連の工程をこちらでご紹介させていただきます。
(このブログは主人には内緒で運営しております)

工程①
IMG_7522.jpg
外枠から各パーツを外します。
リボンのピックがかわいい♪

工程②
IMG_7525.jpg
チョコレートを1つの型につき3粒づつ入れます。
チョコはピンクのいちご、水色のラムネの2種類。
3粒ともいちごにしたり、ひとつをラムネ、あとをいちご…など、
すべての型で配合を変えてみました。

工程③-1
IMG_7536.jpg
電子レンジでチョコを溶かします。
パッケージの説明文では
600Wの場合で10秒を10回が妥当とありますが、
手前の型2つ分が溶けてくれません。

工程③-2
IMG_7540.jpg
10秒をさらに4、5回追加加熱。
若干固さが残るものの、
表記以上に加熱して型が溶けてはいけないので、
このあたりで妥協しました。

工程④
IMG_7541.jpg
工程①で切り離したリングパーツをここで設置します。
ここから約60分ほど冷蔵庫で冷やします。
はみ出したチョコが気になりますが、固まった後に処理することとします。

60分かぁ……すなわち1時間。
もどかしい!!
小さなお友達は1時間待ちきれるのかしら?
はやく完成品を拝みたい。

けど、我慢。

以下後編に続きます。







小麦粉に関する我が葛藤。

000.jpg
上記の画像は2015年3月9日(月)付の私自身の一言日記です。

この日記を掲げてから3日ほどは、
小麦粉をはじめとする炭水化物の類を控えていました。

するとどうでしょう、一キロたりとも、体重は減らないのです。
いえ、減るどころか逆に増えてしまう有様です。

「炭水化物を断ったら、みるみる間に痩せた」

芸能人の「ピーター」こと池端新之助さんは
テレビ番組でこうおっしゃっていました。
その発言を私は真に受けたのですが…。
きっと池端さんは炭水化物断ちがご本人の体質に合っていたのですね。
どうやら私には当てはまらなかったようです。

しかし減量叶わずとも、
増えることはないんじゃない?
意識してエアロバイクやヨガ、ウォーキングなどの運動も行っているというのに。
なぜ増えた?
私は自問自答しました。
心当たりがあるとすれば、
砂糖は控えていませんでした。
むしろ炭水化物に対する欲求を
糖分で補っていたように思います。

このようにして、日記を付してから二週間以上たった今現在、
炭水化物断ちの決意はあっけなく崩壊。

減量できないと分かった以上、
断つ理由は消滅したも同然であります。

この一連の努力や行動を顧みるに、
自分自身が滑稽で、ちゃんちゃらおかしくて、そして、哀しくてなりません。

これは小麦粉の復讐に他ならないです。
あんなに愛した小麦粉なのに。
もう別れるなんて、言いません。

以下は、炭水化物の摂取が、
なし崩し的に解禁されて以降のおやつ類の画像です。

反動のせいかいつにも増して、
製菓に熱が入ってしまいました。
市販の商品も混ざっていますが、
私の愚か振りをどうぞ笑いをもってご覧ください。

IMG_7217_2015032612011869e.jpg
☆ベリーのパンプティング☆(手作り)


IMG_7314_20150326120124f3c.jpg
☆卵なし豆乳のパウンドケーキ・プレーン☆(手作り)

IMG_7293_2015032612012296c.jpg
☆卵なし豆乳のパウンドケーキ・甘栗投入版☆(手作り)

IMG_7244_20150326120119526.jpg
☆きなこのスコーン☆(手作り)

IMG_7268_20150326120121d9a.jpg
☆豆乳のショコラムース☆(手作り)

IMG_7335.jpg
☆「もぐらや」の『もの字焼き』☆(いただきもの)

そして先ほど焼きあがったばかりのパウンドケーキ
ローソンで買い求めたオールドファッションチョコドーナツです↓
IMG_7341.jpg

小麦粉バンザイ\(*T▽T*)/